Just another WordPress site

必要な費用

会社設立のために必要な費用について

何らかの事業を行おうとする場合に必要になる費用は、どのような会社を設立しようとしているのかについて異なります。またどのように設立しようとしているのかによっても変動する仕組みとなっていますので、一概にいくらで会社が作れると言える種類のものではありません。しかし一般的な事業を行う会社設立を目指す場合には資本金を除き、10~30万円程度の費用は最低限必要になってくると言えるでしょう。

この資金はどのような会社設立を目指すのかによって変わってくるものであり、安ければ良いというものではありませんし、高いからと言って安心できるものではありません。あくまでも法によって定められた仕組みが存在しており、そこに金額があてはめられているという形であると言えます。

安く設立出来る会社、あるいは団体としては一般社団法人が知られています。一般的な会社と同じように活動することが出来ますが、非営利団体ですので広く出資を募って設立することはできません。配当を出すことも禁じられていますので、何らかの活動を行う団体作りのための法人格であり、会社の設立に向いているとは言えません。会社設立に向いている法人としては合同会社が最も安く立ち上げることが出来ます。また合同会社は営利団体としての会社設立が可能であり、株式会社に比べて柔軟な仕組みづくりが可能です。しかしながら会社を大きく成長させていきたいと言う場合には仕組みの整っている株式会社の立ち上げを検討した方が良い場合もあります。設立時の手間も増えますし、企業運営のための手間も増えますが、株式と言う仕組みを活用して広く出資を募ることが出来る仕組みには一定の評価があります。

この株式会社こそ最も多く選ばれている会社設立の選択肢なのですが、設立のためには20万円以上がかかるのが一般的です。その様な費用はあくまでも最低限度の金額であり、この他に資本金を用意しなければなりません。会社における資本金は責任能力として見なされる場合もあり、安くし過ぎることにはデメリットもあります。

しかしその様な問題を気にしなければ設立のためのコストだけで会社を作ることも不可能ではありません。資本金の額は会社を作る際に収める金額に影響をしますので、資本金が安ければ安く、高ければ高い金額になると言う仕組みを持っています。そのため、どのような会社を設立しようとしているのかによって会社設立のために必要な金額は変わってくるのです。